誰にでもあるばらされたくないプライバシー

あなたのプライバシーは守られていますか?好きな人への書き途中ラブレターを掃除中の親に見られたり、遊びに来た友達にへそくりを探されたり、アダルトな趣向をばらされたり等ありますが、そういったことをされるのは嫌ですよね?誰にでも知られたくない秘密の一つや二つはあるものです。そういった秘密を知られない権利、プライバシーの権利も実際に法律に規定されていますし、現在では当然守られるべき権利として認識されています。

相手の死角をついてプライバシーを守る!

プライバシーを守るためにはどうしたらいいでしょうか?むしろ、秘密にしていると探りたくなるのが人の情かもしれません。ですが、こちらからすれば、ばらしたくないばらされたくないものです。もっとも簡単な方法が、相手の死角を狙う方法です。つまり、相手の目につかないところが最大の狙い目です。書き途中のラブレターもパソコンの中にデータとして入れておけば、パソコンの使えない母親が掃除中に発見することは不可能なのです。

相手の苦手が相手の死角になりやすい

プライバシーを守るには、相手の死角を知ることが必須です。パソコンを使えない相手に対しパソコンの中にデータを残す方法は基本です。また、猫の苦手な相手には、猫の集まるところに見つけられたくない物を隠しておく手段が有効です。身長の低い子供に見つけられたくないものがある場合には、その物を高いところに置くようにするとよいでしょう。ただし、子供がよじ登れそうなところは、子供が危険な目に合う可能性があるので注意です。このように相手の苦手とするものは死角になりやすいので有効に利用しましょう。

機密文書には大切な情報が含まれているので、処分などの際には専門業者を利用するなど対策が必要になります。