大量生産のオフセット印刷機

一般的に印刷というと、雑誌や新聞を生産する工場で大型の機械が稼働している様子をイメージする人が多いことでしょう。実はあの機械は多くがオフセット印刷機という種類に分類されます。オフセット機はインクと版を使用した印刷機になっており、トイレットペーパーのように連なったロール紙タイプの印刷用紙に切れ目なく印刷し、その後別の断裁用の機械を使用して紙を仕上がりサイズにカッティングしていきます。オフセット印刷機は印刷スピードが非常に速いため、大量生産する仕事に向いています。

小ロット・短納期に対応したデジタル印刷機

今までは大量印刷がメインに行われていた印刷業界ですが、最近ペーパーレス・電子化がトレンドとなっており、その業態も少しずつ変化しています。そこで需要が増えているのが、小ロット・短納期に対応したデジタル印刷機です。これはトナーと電子データから印刷を行うタイプの機械になっており、一般的なオフィスに置いてあるコピー機を基盤に、品質や生産性を向上されたものとなります。オフセット印刷機と比べると、品質・生産性は劣りますが、その分少ない部数の仕事に短時間で対応できるといったメリットがあり、小回りの利く機械として徐々に広まっています。

印刷業界の変化と私たちの生活

一見オフセット印刷機であろうが、デジタル印刷機であろうが、私たちの生活とはあまり関わりがない話のように感じるかもしれません。ただ、印刷業界にこの2種類の機械が広がることで、私たちの生活面でのメリットもあります。例えば今まで廃盤になってしまった本はなかなか手に入れることができませんでしたが、デジタル印刷機がうまれたことで一冊から簡単に本を生み出すことが可能となりました。また企業側にも不要な在庫を持つ必要がなくなるというメリットもあります。実際に大手のネット通販サイトでは、世界的にブックオンデマンドサービスの展開も始まっています。今後も印刷業界の変化に伴って新たなサービスが生まれ、私たちの生活を少し豊かにしてくれるかもしれません。

封筒印刷の専門業者では大量の注文であっても低コストで対応出来るので、必要になった場合には非常に便利です。